福岡など西日本各地で11月3日火の玉?流れ星?火球の目撃情報動画

11月3日午後6時前ごろから福岡など西日本の各地で光る流れ星のような

物体の目撃情報が相次いだ。

国立天文台によると「火球」と呼ばれる通常よりかなり明るい流れ星なのだという。

【ネタ元 朝日新聞デジタル11月3日(月)22時3分配信】

Sponsor Link

どんなのが見えたのか?早速動画を探したらありました!

まるで映画のよう。

火球(かきゅう、fireball)とは、一般に-3〜-4等級よりも明るい流星の事である。火玉(ひだま)とも言われる。大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものも、一定以上の明るさで光れば、どちらも火球と呼ばれる。なお昔は、隕石となった火球を、隕星と呼ぶ事もあったが、最近はあまり使われない。

ウィキペディアより

 

読み方は「かきゅう」というらしい。普段見ている流れ星よりも明るい

流れ星の総称ということだ。流れ星が落ちるまでに願い事を

というがこんなに落ちるのが早いとね~。でもこれはじかに見たら

きっと感動するわ~。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ