消費税が10%になるとき、育児環境が変わる?2015年子ども・子育て新制度の概要とは?

政府は「子ども・子育て会議」で保育施設での事故発生時に

保護者と市町村への報告を義務付けることを決定した。

これは2015年から施行される予定の子育て支援政策の

前段階として施設の基準として盛り込む予定。

Sponsor Link

では、2015年から何が変わるのだろう。

***********************************************************

以下「子ども・子育て新制度」の概要についてPDFより抜粋

一点目は、認定こども園、幼稚園、保育所を通じた共通の給付である「施設型給付」及び小
規模保育、家庭的保育等への給付である「地域型保育給付」の創設である。

6人以上19人以下の子どもを預かる
「小規模保育」、5人以下の子どもを預かる「家庭的保育(保育ママ)」や子どもの居宅におい
て保育を行う「居宅訪問型保育」、従業員の子どものほか地域の子どもを保育する「事業所内
保育」の4つの事業について財政支援の対象とすることとした。
こうした多様な保育を財政支援の対象とする「地域型保育給付」を創設する

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

…つまり、いままで財政支援の対象にはならなかった

小さな施設も対象とすることで待機児童をできるだけなくす。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

二点目は、認定こども園制度の改善

…保育所と幼稚園をあわせたような機能をもつ認定こども園を作り、

保護者の就労のいかんを問わず児童を受け入れるようにする。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

三点目は、地域の子ども・子育て支援の充実

保育が必要な子どものいる家庭だけで
なく、全ての家庭を対象に地域のニーズに応じた多様な子育て支援を充実させるため、市町村
は事業計画を策定し、その計画に基づき、保護者が地域の教育・保育、子育て支援事業等を円
滑に利用できるよう情報提供・助言等を行う利用者支援や、子育ての相談や親子同士の交流が
できる地域子育て支援拠点、一時預かり、放課後児童クラブなど、市町村が行う事業を新制度
では「地域子ども・子育て支援事業」として法律上に位置づけ、財政支援を強化して、その拡
充を図ることとしている

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

さて、2015年10月、消費税が10%になると、新子育て支援制度が

本格的に施行される。果たして母親が安心して働ける環境が整うかどうか。

この2年が準備期間となり、待機児童の解消など、問題解決へ向けての

「子ども・子育て会議」が設置されており、新基準などが決定されていく

予定。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ