羽生結弦選手流血しながらも不屈の演技に感動、ハラハラ涙の4分半

11月8日、羽生結弦選手が、フィギアスケート、グランプリ中国杯の演技前

の練習で中国選手と衝突して負傷した。ぶつかった際、羽生選手は、

リンク内で2分ほど起き上がれなかった位の衝撃だった。あごと右こめかみあたり

から流血しており、ブライアン・オーサー・コーチがフリー棄権を勧めたが

本人の強い意志で演じきり、気迫の演技で4回転ジャンプも決め、見事2位に輝いた。

11月9日のエキシビションには出ずに帰国し、日本で精密検査を受けるという。

【ネタ元 共同通信2014/11/09 00:02 】

Sponsor Link

そうだ、早く日本に帰ってきた方がいいよ。頭が衝撃をうけた状態で

ジャンプなんかして大丈夫なの?ハラハラして、早く終わらないかと思った

4分半の演技って初めて。途中でもうやめて~!って…

ジャンプして転んでも転んでも立ち上がり、滑り出す羽生選手の不屈のの姿は

壮絶で、みんな涙した。

羽生選手の根性には脱帽であり拍手喝采だけど、体も大事にしないと。

でも心に残る滑りをありがとうございました。

しばらく体をお休みさせてあげて。

 

演技前の練習での事故

 

この姿を見てほしい。転んでも転んでも。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ