衆議院解散総選挙日程発表、商品券という魚で釣りですか?安倍首相

11月18日安倍首相は衆議院の解散、総選挙を発表する。

12月2日公示12月14日投開票という日程。

さらに昨日安倍首相は、7月から9月のGDP(国内総生産)が年率換算1.6%減

になったことから、来年10月からの消費税率引き上げを1年半先送りにすること、

低所得者や省エネ住宅を新築した人に商品券などを配ることなどを発表した。

【ネタ元 毎日新聞 2014年11月18日(火) 4時10分掲載 共同通信 2014/11/17 19:47

Sponsor Link

安倍首相が解散総選挙の前に「商品券」なるものを配る公約を出してきた。

ぶら下げた人参で馬を走らせようとする、まさにこれこそ国民の買収?なのではと

思うのだが。赤字なのに商品券をばらまくことで人の関心を買い、消費税率引き上げも

先延べするからと選挙を与党有利に導きたい…思いが見え見えではないか。

商品券を配ることで経済がよくなるの??なぜ今総選挙?と思うけど

こうなったら総統閣下をぎゃふんと言わせるいい機会だとも思う。

 

各社一斉に「アベノミクス」の是非を問う選挙になると書いているが、

「原発再稼働」「集団的自衛権の行使容認」とひたすら右に向かって

走り続ける政府に歯止めをかけるいい機会でもある。

NOを突きつけて、総統閣下をぎゃふんと言わせたいというのは私の意見。

大勝するつもりが、ふたを開けたら「こんなはずじゃなかった」というオチをつけたい。

国民はバカではないことを見せつけたいと思わない?

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ