2014年流行語大賞、赤ちゃんの名前に思う、安倍政権の是非を問え

明治安田生命が、2014年の同社契約者の赤ちゃんの名前の傾向などを発表した。

対象者は3481人。その中で男の子の名前ランキング一番は「蓮」、

女の子の名前一番は「陽菜」と「凛」だった。
男女ともに人気の漢字は「陽」で男の子には「馬」がつく名前も人気だったという。

また女の子の名前は一文字の名前が多くなっているとか。

明治安田生命2014年生まれの赤ちゃんの名前について調査詳細

 

「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」も発表された。年間大賞には、

日本エレキテル連合の「ダメよ~ダメダメ」と、安倍内閣が7月に

行使容認を閣議決定した「集団的自衛権」が選ばれた。

【ネタ元 東京新聞 2014年12月1日 19時56分】

Sponsor Link

「ダメよ~ダメダメ」は、我が家では不人気で、あまり使いもしなかったし、

吉本新喜劇の「ハゲ」キャラで有名なおじさん=島田一の介さんが使っていた

「ダメよーダメよーだめなのよ」というギャグのパクリ?なのではとも思い、

感心しなかった。だからなぜ流行語なのかもわからない。

爆笑問題の太田さんの奥さん(太田プロ社長)はこれでビルが建つほど

儲かったらしいのだが…

 

「集団的自衛権」の大賞は安倍首相にとっては誤算?

コソコソっと閣議決定してしまった「集団的自衛権の行使容認」が大賞になっため

あちらこちらでこの言葉が蒸し返される(笑!大いに結構)ようになり、

今回の選挙を経済だけに注目させようとした目論見に少しヒビ?が入った。

また、自民党がメディア各社に圧力をかけた件についても少し報じられた。

 

でもただでさえなんとなく慌ただしい年の瀬の、有権者があまり関心が集まらない

間にまたコソコソっと選挙をしてしまおうという安倍政権の目論見が成功しつつある

ような気がしてならない。

 

選挙に行かなきゃ何も変わらないまま「閣下」の思惑通りになるだけなのだ。

もうコソコソっとものごとを決められてはたまらないと思う人は選挙へ行こう!

 

12月の声を聞いて2014年を振り返るようなニュースが多くなってきた。

福島第一原発事故の後片付けの現状や自然災害が続く中、さらに与党が

原発を再稼働させようとしていることをもっと報道してほしい。

朝日新聞が元気がないとこういうとき困るね。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ