鯖江市6歳児が鉄道一人旅、行方不明で捜索、石川県白山市で発見!

12月2日の昼頃、家族の外出中に福井県鯖江市の6歳の男児が行方不明になり

捜索したところ、この日の午後8時頃になって石川県白山市のJR北陸線の

美川~松任間を走行中の電車内で車掌に発見、保護された。

男児は福井鉄道水落駅から西山公園駅まで乗車、いったん下車して下り電車で

田原町駅へ行き、えち鉄を利用して福井駅へ。

福井駅から金沢方面の普通電車に乗ったという。切符は自分で購入していた。

男児は電車が大好きだという。

【ネタ元 中日新聞 2014年12月4日】

Sponsor Link

6歳の男の子が一人旅をしたらしいというのだ。それも大好きな鉄道に乗って。

切符も自分で買って、すごい冒険だ。

その姿を目に浮かべるだけで微笑ましい。きっといろんな人やいろんな景色を

見ただろうね。6歳の男児と書かれていることから小学生ではないとすると

年長児か。金沢に向かっていたの?

 

事件に巻き込まれたりしなかったからよかった。

しっかりした子なんだね。普通なら切符を買うことさえままならないし、

親と離れることすら不安になるはずの年頃なのに。

すごいなあと感心。

 

6歳児を見くびることなかれ。

実は、大人が思っているより以上に子どもはしっかりしているのだと

思わせられた事件。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ