狂気の一枚?総選挙、福島県相馬市での安倍氏のパフォーマンス?

この写真を見てどう思われるだろう。私はこれを見たときギョッとした。

聴衆の前で箱の中から一枚の魚をつかみその場で貪り食う様子を見せる

というパフォーマンス!

12月2日に安倍首相が福島県相馬市平釜漁港に入ったときのものだという。

なぜこんな姿が?と調べてみると、相馬市の自民を応援する聴衆から焼きガレイを贈られ、

一瞬、かぶりついたところを写真におさめられたというのが事実のようだ。

2014年12月2日 安倍首相 福島県相馬市にて

2014年12月2日 安倍首相 福島県相馬市にて

http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/809.html より

Sponsor Link

しかし、この一瞬のパフォーマンスが取り上げられるということこそ

安倍晋三という人が日本や世界に対して行ってきた恐ろしいウソ隠し

についての風当たりなのだと思う。

 

東京オリンピック招致の為に福島の原発事故は収束しており、

政府のアンダーコントロールだと言ったときと同じ。

 

空々しいパフォーマンス以外の何物でもないという写真。

「相馬の魚を食べてください」と言われてもその場でかじりつくとは

贈った側も思っていなかったと思う。

食べたという既成事実…それこそが安倍政権の本質?なのかも。

 

12月10日秘密保護法が施行され、全国で反対のデモや抗議集会が

相次いだ。しかし選挙報道や報道への規制?

選挙への報道の公平性を求めた自民党の圧力?もあり

大々的に取り上げられることもなく、施行されたような気がする。

12月14日を選挙の日にしたのには秘密保護法の是非を議論させることなく

うやむやのまま通してしまおうとする思惑があったのでは?

 

重要なことをコソコソと国民の意見を無視して決めてしまってきた

安倍政権、既成事実さえあればいいという姿、

このままこの人に国のかじ取りまかせちゃっていいの?

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ