2015年自衛隊海外派遣随時可能な恒久法制定と住宅贈与非課税枠拡大

12月27日政府関係者によると自民党は自衛隊の海外派遣を随時可能にする

恒久法を制定する方針を固めたという。集団的自衛権行使を認める関連法改正案

と合わせて来春国会へ提出したい考えだという。

恒久法は自衛隊の迅速な派遣と任務拡大を目指しているという。

【ネタ元 共同通信2014/12/28 02:00  】

 

おそれていた展開になってきた。自衛隊を戦地への派遣を容易にする法律を

早くも通そうとしている。もちろん米軍や国籍軍への後方支援への派遣だと

言っているのだが、任務が拡大すれば戦地で自衛隊が戦うという事態にも

なりかねない。

そういった抜け穴的な法律を一挙に作ってしまおうとしているのだ。

Sponsor Link

さらに、12月28日の時点で、政府が特定秘密保護法施行により

秘密に指定した文書の数は、グループごとの件数で

外務省35件、防衛省244件、19省庁あわせて380件だという。

文書1件ずつで数えると全体で約46万件にのぼる。

【ネタ元 共同通信 2014/12/27 13:25 】

 

安倍政権の思い通りに事が進んでいく。

強気の政権が打ち出す案に歯止めをかけたり、抑止する力が野党にはなく、

どうしようもない。

 

こうしたちょっと賛否の分かれそうな法案と一緒に減税という

施策もだしていくところが安倍政権のうまいところかもしれない。

資産家の眠っている資金を引き出そうとしているだけだとは思うが、

 

住宅取得の為に祖父や親が子供や孫に資金を提供する際、

3000万円までは贈与税を非課税とする方針を固めたという。

現在は1000万円まで非課税だが、2015年の1月から順次非課税枠を増やし、

2016年10月から1年間は最大で非課税枠を3000万円にするらしい。

【ネタ元 共同通信2014/12/27 19:22 】

 

法律が作られてしまえばそれに抗う力は簡単に封じられてしまう。

いろんな法律を通しながらメディアを操作し、物言わせぬ安倍政権、

そこらへんはすごいと思うが、市井の声を聞いていない感が

ずーっとある。

 

政府第一主義、経済界優先、資産家優遇と、強いものにこそ良くあれ、

いくら働いても暮らしが楽にならない大半の国民には安倍政権は冷たい。

閣下はやっぱり下々のものは相手にしないんだよね~。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ