名古屋市が脅迫メールに対応して市内の全生徒保護者へ一斉メール!

昨日(1月14日)のこと。小学校からメール連絡があり、

「名古屋市のホームページに

『午後2時に子供を殺害する』という予告のようなメールがあったため、

全員を3時まで学校に留め置いて、集団下校させる、クラブ活動も

中止」

と書かれていた。子供に尋ねると、小学1年生は授業時間が終わっても

学校に居たという。

Sponsor Link

中日新聞によると、

差出人不明の脅迫メールは1月14日当庁した名古屋市役所広聴課の職員が

見つけた。

1月13日の午後10時半頃に送りつけられており、すぐに市の危機管理課に連携。

名古屋市教育委員会は市内の保育園363園、幼稚園23園、小学校263校、

中学校109校、高校14校、特別支援学校4校のあわせて市立776の学校や園に

午後3時以降に下校を遅らせるよう指示した。

【ネタ元 中日新聞2015年1月14日 16時07分 】

 

昨日は小学校より先に名古屋市教育委員会からのメールが私の携帯に入っていた。

教育委員会からのメールが12時46分頃、学校からのメールはそれから1時間ほどした

13時20分頃に着信。

 

確か保護者のメールを学校へ登録する際、名古屋市では小学校にだけでなく、

教育委員会にも登録したと思う。だから情報が伝わるのが早かった。

メールを最初に見た職員から教育委員会など各所に連携して対応を協議し、

各学校や園への通達までが数時間。対応が早かった名古屋市役所に拍手!

 

まだまだ気を抜けないけれど、名古屋市の昨日の対応が素晴らしかったことを

書きたいと思って…。感謝。

 

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ