クジラ約200頭がニュージーランド南島海岸に座礁!地震との関連は?

 

2月13日、ニュージーランドのサウスアイランドゴールデン湾のフェアウェル岬の

浜辺に198頭のゴンドウクジラが打ち上げられているのが見つかった。

24頭が死んだが、環境保護局や駆け付けたボランティアら約140人がクジラを

海に戻そうと救出に当たっている。

ニュージーランドサウスアイランドのこの付近の浜辺では、過去10年間で

8回程クジラの集団座礁が起きており、2014年1月には一週間に2回もあったという。

だが今回の一度に約200頭という数は最大規模である。

【ネタ元 AFP通信2015年02月13日 16:48 発信地:ウェリントン/ニュージーランド 】

Sponsor Link

クジラやイルカが大量に打ち上げられるというのが地震とかかわりがあるのでは

というのは全くの仮説だけど、あの忘れられない日付、2011年3月11日の

1週間前に茨城県の鹿嶋の海岸にイルカが大量に打ち上げられたこと、

2011年2月22日のニュージーランド大地震の2日前にやはりクジラが打ち上げられて

大量死したことなどをいつも思い出す。

当ブログ記事参照

 

一般的にクジラが打ち上げられる理由には

クジラの音波探知機が浅海で狂うからとか病気のクジラが岸に向かって泳ぎ始めると

他のクジラたちも追随する、などの可能性があると指摘されているようだ。

今回の座礁の理由は?なんだろう。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ