群馬県警現職巡査が小4女児を誘拐未遂、巡回用案内簿で情報?!

2月18日、小学4年生の女児を誘拐しようとしたと群馬県の24歳の現職の

巡査が逮捕された。

1月15日、非番であったこの巡査は午後4時10分頃、「パパが交通事故にあった」

と言って女児に声をかけ、車に乗せようとしたという。

その際女児や父親の名前を言うなどしたが

女児は「何か変だ」と思い自宅へ帰って母親に知らせ、

女児が「見たことがある警察官に似ている」と言ったため父親が通報した。

 

2月19日、群馬県警が発表したところによると、容疑者は、昨年

12月中旬に巡回連絡で女児宅を訪問した際、女児の名前と顔を把握、

その後5回ほどパトロールなどで女児に会っている

という。また、巡回連絡に使用する各世帯の情報を記した

「案内簿」を悪用した可能性があるという。

【ネタ元 共同通信 2015/02/19 21:00  産経ニュース 2015.2.18 19:48

Sponsor Link

この女の子がしっかりしていたからよかったけど、

警察官が情報を悪用して、女の子をつれていこうとするってどういう???

「何を信じればいいのか」って話になるし、巡回パトロール(巡回連絡)

もこうなると恐くなり、警察官であると言っても

ドアを開けない方がいいかもしれないと思ってしまう。

 

失礼かもしれないけど、たとえパトロールで制服を着ていたとしても

どこの警察のどなたか名前を尋ねて、

身分証も見せてもらわなくてはならない時代なのかもしれない。

 

「子どもが好きな警官」…こう書くと違う意味に思えるから

物騒な世の中になったもんだと思う。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ