南米エクアドルの大都市で起こった新婚旅行中の悲劇

2013年12月28日夜、南米エクアドル最大の都市、グアヤキルで

新婚旅行中の日本人夫婦が銃撃され男性が死亡、女性は重傷を負った。

日本人大使館は詳細を発表していないが、夫のヒトミ・テツオさん(28)が死亡、

妻マリコさん(27)は腹と右脚を打たれて重傷だ。犯人グループは複数で8人組の模様。

Sponsor Link

2人は市内のホテルから別のホテルに移動する際、流しのタクシーを拾い、出発し、

帰り際に犯人グループにつけられ、車の中で銃撃され、所持品全てを奪われた。

【ネタ元 47NEWS

 

24時間、コンビニが開店している国など世界中探しても日本しかない。

我が国日本がいかに治安が良い国であるかということを

こういった事件を知る度に思い、感謝する。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ