ヘリウムガスを吸って意識不明だった12歳のアイドル回復へ

2月24日、テレビ朝日の吉田慎一社長は、バラエティー番組の収録中に

12歳のアイドル(当時)が1月28日、番組収録中にヘリウムガスを吸って

意識不明になり、救急搬送されたことを謝罪したうえで

この少女が回復し、退院の目途がたったことを明らかにした。

【ネタ元 朝日新聞デジタル 2015年2月24日19時09分 】

Sponsor Link

変顔ならぬ変声ができるということでヘリウムガスはよくパーティーなどに

使用されるが、このように危険なものという認識がなかった。

 

12歳の少女は番組の収録で変な声を作ろうと、

ヘリウムガスを一気に吸ったことにより、意識不明になったという。

診断は少女は脳の血管に空気が入り、血流が妨げられている「脳空気塞栓症」。

彼女が吸い込んだヘリウムガスには大人用のと但し書きがあったというが。

 

風船のヘリウムガスを吸い込んで倒れる動画がYou Tubeにアップされているが、

子どもに風船の空気を吸い込ませることなど絶対すべきではないようだ。

 

どうしても使用するなら、ヘリウムガス100%のもの(風船用)は使用しないほうがよく、

無理して吸い込んだり、呼吸をこらえて吸い込むことは

避けた方がいいらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000045-asahi-soci.view-000

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ