松山市の踏切で5歳保育園児が電車にはねられ死亡の悲しい事故

1月5日午前10時40分頃、松山市安城町のJR予讃線の踏切で

5歳の男児が電車にはねられ死亡する事故があった。

Sponsor Link

大阪市淀川区、飲食店店員高谷亜磯さん(29)は長男で

5歳の保育園児、磯冴くんと4歳の次男と共に友人宅へ遊びに来ていた。

長男と次男は事故当時踏切近くで遊んでおり、長男の磯冴くんだけが電車に

はねられた。松山西署では事故の状況を調べている。

【ネタ元 47ニュース

 

ちょっと親が子供から目を離した際に起こった事故だと思う。

まだ5歳、踏切に入り込んでしまうこともあるだろう。大人がきちんと

教えて、危ないところで遊ばせることのないように目を配らなければ

後で悔やんでも悔やみきれない結果を招く。

親は子供の本当の「保護者」になろうよ。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ