アクリフーズ群馬工場農薬混入冷凍食品、食べた人の症状とは?

マルハニチロホールディングス(東京)の子会社「アクリフーズ」の群馬工場で

製造された冷凍食品から農薬マラチオンが検出された問題で、

嘔吐や下痢などの症状を訴える人が朝日新聞のまとめでは6日までに

少なくとも34都道府県で300人を超えた。

記事詳細はこちらへ

Sponsor Link

<訴えについて まとめ>

大阪市の40代の男性の症状

12月29日朝、「ミックスピザ3枚入」の1枚を4分の3ほど食べ、その約3時間後から下痢の症状が出た。医療機関の診断は受けていないが、下痢や腹痛が数日間続いたといい、今月2日に市保健所へ届けた。ピザを口にした際に異変は感じなかった。

 

滋賀県の40代の男性の症状

12月28日にスーパーで「スタイルワン ミックスピザ1枚入」を購入。今月3日に食べ、約3時間半後に腹痛や吐き気、下痢などの症状が出たという。4日、大津市保健所に届けた。味に異常は感じなかった。

 

鳥取市の40代の男性の症状

「とろーりコーンクリームコロッケ」(8個入り)を12月24日夜に食べたところ、翌25日朝に吐き気で目が覚め嘔吐したという。男性はこのコロッケが自主回収の対象となっていることを報道で知り、31日に県に連絡。県が残っていた袋から回収対象の商品と確認した。味やにおいに、異常は感じなかった。

 

名古屋市の中学生の症状

中学生女子は昨年末、「照り焼ソースの鶏マヨ!」を食べて嘔吐し、1月6日に中川保健所に届け出た。残品があり、市衛生研究所で検査をしている。

 

愛知県岡崎市の30代男性の症状

12月20日朝に「ミックスピザ3枚入り」を食べ、夕方に吐き気がし、病院へ行ったが、現在は回復。

 

三重県桑名市の30代男性とその子供3歳児の症状

昨年12月29日昼にミックスピザを食べ、翌30日から今月1日にかけて嘔吐や腹痛、下痢などを発症した。男児は発症直後に市内の病院小児科を受診し、現在も軟便症状があるという。父親は病院に行かず、回復している。

 

アクリ社によると、回収対象の約640万個に対し、3日までに回収されたのは約3万件。3万件のうち調べた約8600件に異臭は確認されなかった。

 

何でこの冷凍食品に農薬混入のニュースが発表されてから回収対象商品を

食べたりするのかは不明だが、兎にも角にも訴える人が増大中.

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ