パック液体洗剤 誤飲や目に入る等の事故発生3歳児以下が7割強

 

3月18日、消費者庁と国民生活センターの発表によると、2014年4月発売

当初から2015年1月までの間にパック型液体洗剤を誤って飲み込むなど

の事故が152件あったと発表した。

152件のうち104件は洗剤を誤飲した事故。目に入ったケースも46件

あった。

8人が入院、うち2歳児一人に急性薬物中毒の症状が出たという。

152件の事故のうち110件が3歳以下が起こしたもの。

洗剤を子どもの手の届かないところへ保管するよう呼びかけている。

【ネタ元 共同通信2015/03/18 18:21

Sponsor Link

 

手を汚さず、一回ずつ計量しなくていいことから欧米でも主流になって

いるパック入り洗剤は、発売当初から誤飲が問題になっていた。

世界中では洗濯用パック型液体洗剤による事故が年間16000件報告

されているという。

 

 

見た目がとっても美味しそう。ゼリーっぽくてパッと見大人でも

知らなければチューペットのようなものかと思うくらい。何でも口にいれて

しまう乳幼児なら興味を持って手にとるだろう。

 

 

以下は消費者庁の発表した事例

 

【事例1】 パックタイプの液体洗剤を子供が握ったら破裂し、目の中に入った。目の表面が 洗剤で覆われてしまったので急いで水で洗い流し、治療を受けた。 (事故発生年月 平成 26 年6月、3歳・女児)

【事例2】 親が洗面所で洗濯中、別室にいた子供が吐き、泣き出した。洗濯機の横 60cm の 高さに置いてあった洗剤をかじってしまった様子。すぐに吐き出させて口をゆすい だが、口が痛いという。 (事故発生年月 平成 26 年6月、4歳・男児)

【事例3】 高さ1メートルくらいの棚に保管していた洗剤を、子供が箱から1つ取り出して 遊んでいたところ飲み込んだ。母親が指を突っ込んで吐かせ、牛乳を飲んで病院を 受診。 (事故発生年月 平成 26 年 11 月、1歳・男児)

【事例4】 製品同士がくっつき始めたため、その度に剥がしながら使っていた。いつものよ うに剥がそうとすると、フィルムが破れ、中身が目に入った。眼科を受診、1週間 後にはほぼ回復。 (事故発生年月 平成 26 年 10 月、90 歳代・女性)
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/150318kouhyou_1.pdf より

 

 

事例4は子どもではなく年配の女性でフィルムが破れて中身が目に入った

という。

洗剤は水溶性のフィルムでパックされていることから、水に弱く、塗れた

ままにしておくと他のものとくっつくようだ。はがそうとしたときにフィル

ムが破れて中身が飛び出すといったことはよくあると思われる。

大人でも洗剤が目に入るなどの危険性がありそうだ。

 

 

子どもがよだれを付けて遊んでいるとフィルムが破れやすく中身がすぐに

出てくるというのもフィルムが水溶性だかららしい。

 

 

手間が省けると人気の洗剤だが、小さなお子さんのいるご家庭では

子どもがおもちゃにしないように注意が必要だし、水にぬれた手でさわ

ったりしたら水気をすぐにとるなどして保管にも気を配る必要がある

いうことだ。

 

 

上記事例引用部分のリンク先のPDFには誤飲や眼に入った場合の

対処方法や対処方法がわからない場合の連絡先など書いてあるので

一度チェックしておくといいかもしれない。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ