「我が軍」発言で安倍首相追及へ。皆が不安になってきた!

 

今度こそ安倍首相の足がすくわれることになるかも。

世論の高まりに期待したい。

 

3月20日の参院予算委員会で維新の党の真山雄一氏の質問に

答える中で飛び出した安倍首相が自衛隊をさして言った「我が軍」という

一言。3月23日の朝日新聞の記事に取り上げられ、3月24日、

民主党が国会でこの問題を追及することを決めたという。

【ネタ元 朝日新聞3月24日(火)21時5分配信 】

 

真山氏が戦闘に近い実践演習も25,26年度は増えているようだが

訓練の目的を尋ねたのに対し、首相は「我が軍の透明性をあげていくことに

おいては大きな成果を上げている」と語り、「自衛隊は規律がしっかりとしている

ことが多くの国によく理解されているのではないか。」と続けた。

【ネタ元 朝日新聞デジタル2015年3月23日19時57分

Sponsor Link

 

頑張れ朝日新聞、頑張れ野党!今後この問題が大きくなり、朝日新聞だけでなく

マスコミ全体に騒ぎが波及することを願う。

 

安倍首相になってから、マスコミは首相の悪口を書かなくなった。

世論はコロッとだまされて、昨年末の選挙も「アベノミクス」の成果を問う選挙だという

安倍首相の言葉をうのみにしたのか集団的自衛権の行使容認

勝手に閣議決定したことや原発を再稼働させようとしていることなどさえ

あまり考えない人が多かったのか、選挙は自民党が大勝した。

その選挙の騒ぎでほとんど取り上げられなかったが、直前には国が国民に開示したく

ない情報は秘密保護法で守られるというひどい法律も通してしまった。

 

最近では自衛隊が海外の部隊と協力して武器を持ち、日本の防衛ではなく、

多国籍軍に入って?海外で戦場での支援なら武器の使用を可能にした。

 

防衛省内の配置を替え、防衛大臣直轄で命令が自衛隊に行くことを

可能にした。

 

安倍政権にたてつくような番組や新聞については官邸から圧力がかかった。

外務省のホームページにまで意見をかかせた。(IS人質事件)

 

「内閣総理大臣は自衛隊の最高司令官であり…」という安倍氏の得意げな

自衛隊の観閲式での言葉がこだまする。

 

安倍首相の目指す「強い日本」と国民の考えている「日本の有り方」は

ずいぶん違っている…最近になって暴走する列車を止めなければと

皆感じ始めている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000006-jct-soci

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ