18禁ゲーム強要で妻の連れ子が自律神経障害=逮捕のゲームって?

再婚相手の長男9歳に残酷なシーンがあるゲームを強要したとして、

京都府警木津署は7日、奈良県山添村切幡、介護士・川畑真麻(まあさ)容疑者(28)を

強要容疑で逮捕した。

川畑容疑者は2012年11月~2013年4月、当時住んでいた京都府木津川市の自宅で、

再婚相手の妻(31)の長男(9)に対し、銃撃や殺人、血が飛び散るなど残酷な描写が多い

18歳以上が対象などの数種類のゲームをさせた疑い。

昨年4月、長男が腹痛や頭痛、嘔吐などを訴えるようになり、同居を解消、

5月、長男にゲームのストレスによる自律神経障害の診断が出たことで、

妻が2013年6月に京都府木津川署に被害届を提出していた。

Sponsor Link

このゲームってバイオハザードかって思ったけど、そうではなくて

プレステ3の「グランド・セフト・オート4」などらしい。

千葉県では平成17年12月にCapcomのプレステ2用グランド・セフト・オート3を

有害図書(家庭用ゲーム)と指定し、18歳未満の青少年に対し、販売、交換、貸し付け

若しくは見せることを禁止した。理由は『著しく粗暴性、残虐性又は

犯罪を誘発する性質を有するため、青少年の健全な育成を阻害するおそれがある。』

ため。神奈川県もこれを有害図書に指定している。

 

有害図書と指定されたゲームにはWolfenstein、カーマゲドン、カウンターストライク、

グランド・セフト・オートⅢ, グランド・セフト・サンアンドレス、

グランド・セフト・オート・バイスシティ、電脳学園、DOOM、ポスタル(ゲーム)、

マンハント、マンハント2などがある。

詳しくは有害指定されたコンピューターゲーム

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ