豊島区東武東上線下板橋駅そばの公園でかなりの高放射線量を計測?

 

4月23日、豊島区池袋本町4「池袋本町電車の見える公園」ですべり台付近

の地表から最大毎時480シーベルトという非常に高い放射線量が検出された

と豊島区が発表した。

豊島区によると区民から4月20日に「放射線量の高い遊具がある」と

通報があり、4月22日から公園を測定していた。

2013年3月に開園しており、福島第一原発事故後2年経っていたことから

これまで放射線測定をしていなかった。

この公園は東武東上線の下板橋駅の下りホームに隣接しており、

近所の人によると以前は清掃車の車庫だったという。

【ネタ元 毎日新聞 4月23日(木)21時39分配信】

Sponsor Link

 

区民からの通報でこの公園のすべり台付近の放射線量が高いということ

がわかったという。

以下は豊島区のHPで発表の内容

昨日4月22日(水曜日)、「池袋本町電車の見える公園」(池袋本町4-41)の遊具の一部から、区の除染基準値(毎時0.23マイクロシーベルト)を超える放射線量(最大2.53マイクロシーベルト)が検出されました。
これを受け、本日23日(木曜日)、原子力規制委員会の助言を受けながら、遊具周辺の放射線量を再度計測いたしました。
その結果、昨日最大値が検出された遊具部分の直近の地表(1か所)で、480マイクロシーベルトとさらに高い数値の放射線量が測定されました。
なお、周辺の地表の放射線量はいずれも昨日同様、基準値以下だったことから、計測地点の地中に何らかの放射性物質が存在することが考えられます。
本日の計測結果を受け、昨日設けた遊具周辺の立ち入り禁止区域について、0.1マイクロシーベルトを基準に拡大するとともに、混乱防止のため、公園への立ち入りについても当面禁止とすることといたしました。
区は、引き続き原子力規制委員会の助言を受けながら、安全性を確保しつつ、早急な除却作業に着手いたします。
また、池袋保健所に、この件に関する健康相談を受け付ける窓口を設置

いたします。

相談窓口:池袋保健所健康推進課
電話:3987-4174
相談時間:午前8時30分から午後7時まで

 

毎時480マイクロシーベルトというのは一年あたりになおすと

(一日中そこに居るという計算なのであり得ないけれど)超単純に計算

して480マイクロシーベルト×24×365=4,204,800マイクロシーベルト

=4204.8ミリシーベルト(年)
(1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)

年間4000ミリシーベルト超えとなることがわかる。

下の線量の早見表を見ても高すぎる数値。

http://www.nirs.go.jp/data/pdf/hayamizu/j/20150401.pdf

 

何か放射能値の高いものが埋まっていると考えられるというのだが、

一体なにが?

福島原発事故後にできた公園ということなのでその土自体に問題がある

ということはないんだろうか?万が一、福島第一原発事故のがれきのよう

なものが土の中から見つかったら…事実をその通りに公表するだろうか。

もうそこから不安。放射能への国の対応には不信感がある。

 

調査して結果がわかったらありのままの事実を知りたい。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ