東京都荒川区西尾久マンション13階から転落の5歳男児 母親を逮捕

 

2014年12月29日午後11時頃東京都荒川区西尾久のマンションの13階から

転落して死亡した5歳男児は母親が窓から落とした疑いが固まったとし

警視庁は5月12日にも母親(35)を殺害容疑で再逮捕することを決めた。

事件は13階の自宅寝室の手すり付の窓から男の子が落ちたというもので

転落直後に帰宅した父親が男児が隣のマンションとの間の地面に頭から

血を流して倒れているのを発見した。

床から1メートルのところにある転落防止用の手すりや窓枠などには長男の

指紋や足をかけた様子がなかった。母親は当初「トイレに行っており見て

いない」などと供述していたが、事件翌日(2014年12月30日)、クリスマスに

区内のホテルで長男の首を絞めた殺人未遂容疑で逮捕されていた。

今回再逮捕となるのはそのため。

母親は夫と転落した長男の3人暮らしだった。

【ネタ元 読売新聞5月12日(火)4時39分 毎日新聞5月12日(火)0時11分配信】

 

 

1週間前にも長男の首をしめたことがあったというからどうして

子どもと母親を2人だけにさせてしまったのだろうかと思う。

事件の起こる数時間前父親は対応していたのだが…

目を離したすきに起こってしまったんだろう。

 

父親は転落の約9時間前の12月29日午後2時ごろ、警視庁尾久署に「母親が精神的に不安定で子供の首を絞めた。入院させたい」と電話で相談。署員は病院の精神科などを受診するように勧めたが、父親が住所などを告げずに電話を切ったため、それ以上の対応はしていなかった。

日経新聞2015年05月08日 06時05分

 

 

子どもを窓から落とすという母親の行為は信じられないもので精神的にも

おかしいのではないかと思うが、心神耗弱状態ということで罪を免れる

ことがないように償いはきっちりしてほしい。

 

 

育児ノイローゼという言葉に逃げないようにしてもらいたい。

 

 

 

こういう事件を聞くと、子どもは母親を選んで産まれてくるというけど、

どうしてこのお母さんを選んだの?と思ってしまう。

江原啓之さんならどう答えるかしら。

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ