栃木県那須塩原市妙雲寺墓地で赤ちゃんの遺体を犬が掘り起こし逮捕

 

5月12日午後0時50分頃、栃木県那須塩原市の妙雲寺に花を見に訪れていた

女性が墓地で生後間もない赤ちゃんが死んでいるのを見つけて住職が警察に

通報した。

赤ちゃんは身長50㎝くらいで土まみれになっており、近くに穴を掘った跡が

あった。

「ぼたんの寺」として有名な妙雲寺にはこの時期観光客が多数訪れるが、

午前中に犬が何かを掘り起こしているのが目撃されており、何者かが墓に

赤ちゃんの遺体を埋めた可能性もあるとして調べている。

【ネタ元 NHK NEWS WEB5月12日 18時18分 】

Sponsor Link

そして赤ちゃんを遺棄した疑いで警察が女を逮捕した。

今日未明のニュース。

 

 

5月13日未明、那須塩原市の妙雲寺の墓地に生後まもない赤ちゃんを遺棄し

た容疑で市内に住む無職の30歳の女が逮捕された。

警察によると、容疑者は「今年3月上旬に自宅で赤ちゃんを出産したが、

その後すぐ死亡したため、自分の家の墓地に行って一人で穴を掘り遺体を

埋めた」と話しているという。

警察は司法解剖を行い赤ちゃんの死因を調べる予定。

【ネタ元 日テレニュース24 2015年5月13日 3:16 】

 

 

なんか奇妙なニュースだった。

外国ではあるまいし、遺体が墓地にあるということが日本では考えられない

ため、ギョッとしたが、2か月も経ってが掘り起こしたというから悪いことはできないものだ。

 

 

自分の家の墓地に埋めたということで鬼のような気持ちではないのはわかる

んだけど。でも、どうして出産した赤ちゃんが死んでしまったのかを警察も

調べるらしい。

2か月経っているということは、もし犬が掘り起こさなかったら事件として

発覚しなかったということかしら。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ