千葉市稲毛区千草台東小学校で給食のごはんにたばこ?異物混入

5月14日、千葉市稲毛区の市立千草台東小学校で、5月11日に提供された

給食の麦ごはんの中にたばこのフィルターと葉と思われる異物が混入してい

たことが発表された。

5月11日、給食の配ぜん中に5年生の児童がごはんの中にたばこのフィルター

1本が入っているのを発見したため、ご飯を食べないよう全校生徒に指示

したが、およそ200人は食べていて、6年生の男子児童一人が異物を口にして

吐き出したという。

この麦ごはんを納入していたのは千葉県大網白里市の業者で、5月13日、

山武健康福祉センターと県学校給食会が立ち入り調査をした。

調査内容から千葉市教育委員会は、たばこは炊飯後、学校に配送されるまで

の間に混入した可能性があるとみている。

現在フィルターのDNA鑑定も依頼中だ。

千葉市では、5月15日からこの業者からの市内小中学校9校への納入を

停止する予定。

一方、業者側は5月13日に警察に通報しており事件性の有無と混入の経緯を

調査してもらうという。

【ネタ元 朝日新聞 5月15日(金)2時56分配信 NHK NEWS WEB5月14日 21時01分

Sponsor Link

 

NHKのNEWS ウエブサイト(上記リンク先)を見たら、結構ゾッとする画

像が載っていた。

茶色くなったたばこ。

ご飯というものは感覚的な色でいうと私の頭のなかでは透明感が高い。

その中に毒々しい茶色くなったタバコが押し込まれるような状態で箱の隅

に入っている画像は結構ショッキングだ。

 

 

 

誰に対する嫌がらせなのかわからないが、することが卑劣で幼稚なので

腹が立つ。勿論納入した業者が罰せられるのは当然だが、配送中に混入して

いたというなら被害者でもあると思う。

どうか早く犯人が捕まりますように。

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ