福岡市の中学校で1年生の柔道部員が大外刈りを練習でかけられ死亡

 

5月28日、福岡市教育委員会は福岡市立席田中柔道部で1年生の女子生徒が

練習中に頭をうち、5月27日に死亡したことを発表した。

5月22日、午後6時45分頃、柔道部の練習で2年生の女子部員に大外刈りをか

けられて頭を打ち意識不明で病院に搬送され27日に死亡したもの。

脳内に出血が確認された。

練習では、相手にかける技をお互いが約束して行う「約束稽古」をしていたという。

【ネタ元 中日新聞 2015年5月28日 20時03分

 

Sponsor Link

 

部活中の事故だというのだが、はっきりとした事故の原因が練習でかけられ

大外刈りだなんて。

部活での練習中だから誰でもが加害者や被害者になりうる。

 

 

記事からは女子生徒が頭を打ったがどのようなものだったか書いていない

のでわからないが、畳ならもう少し衝撃をなんとかできたのでは?

部活の環境づくりも学校側にはお願いしたいところだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ