三重県志摩市で2016年サミット開催決定は官邸主導、東海が熱い

6月5日、2016年の主要国首脳会議(サミット)を三重県の志摩市で開催することを明らかにした。

外遊直前のぶらさがり取材でわかったもの。首相は「伊勢志摩サミット」と命名していたという。

地理的に警備がしやすい、伊勢神宮の県として皇室関係など要人の警護にも慣れているということからテロ対策に強く日本の伝統文化を発信できることが選定の理由だという。

【ネタ元 毎日新聞 6月5日(金)21時49分配信

Sponsor Link

 

なんでも三重県は官邸の強い希望で最後に開催地の候補に手をあげて、決定となったらしい。

結局安倍首相が希望した地に決まったということなのだろう。

このニュースを見るにつけても安倍首相の中央集権力がいかに強いかを表していると思う。

 

 

 

確かに三重県伊勢神宮という日本の要の神社がある県で、自然にも恵まれ食べ物も美味しいからいいとは思う。

あの伊勢うどんだけはいただけないけど。コシのある讃岐うどんに慣れているため、コシのないことが特徴の伊勢うどんにはびっくりした覚えがある。

 

 

 

それはさておき三重県って微妙で東海地方なのか近畿地方なのか迷うところ。

三重県はどちらにも入るらしい。

下記のリンクに詳しい。

http://matome.naver.jp/odai/2137039831583340001

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ