「安保法案」廃案求め学者、演劇人の声明 いま感じる危機感

6月15日、学者有志でつくる会「安全保障関連法案に反対する学者の会」が都内で記者会見し、集団的自衛権の行使容認を柱とする今国会の安全保障関連法案の廃案を求める声明を出した。呼び掛け人ににはノーベル物理学賞の益川敏英京大名誉教授ら61人が名を連ね、一週間で文系から理系までの学者2739人の学者や研究者が賛同した。

記者会見には呼びかけ人の各分野10人の学者が出席し、声明を発表した。

佐藤学・学習院大教授(教育学)「二度と若者を戦地に送らない。学問と良識の名において、違憲な法案に抗議する

山口二郎・法政大教授(政治学)「権力の暴走に対し、今批判を加えなくては、学問の存在理由はない

堀尾輝久・東大名誉教授(教育史)「今の日本は、昭和のファシズムに向かう時期と重なる

海部宣男・国立天文台名誉教授(天文学)「科学は、その力の大きさゆえ、平和と民主主義の実現に役立たなくてはならない。憲法の尊い精神を科学者として支持したい

市民の賛同者もこの日までに約千八百人に達し、学者と合わせ約四千五百人の署名とともに、廃案を求めて声明文を各政党に送る。

 

また、学者たちの会見とは別に、32劇団、4団体が賛同する演劇人の会「安保体制打破 新劇人会議」も法案を「『戦争参加』を可能にする立法だ」と位置付け、即時廃案を求め声明を発表した。

記者会見には俳優座や劇団民芸などの7人が出席した。

劇団民芸の田口精一さん「今、法案を自身の生活にひきつけて(反対の)行動に出る若い人は少ないように思う。二度と戦争をする日本にしないよう現実から目をそらさないでと伝えたい

青年劇場の福山啓子さん「父親が自衛官の高校生が『お父さんが死ぬかもしれない』と言っていた。どんな思いで国会審議を見ているのか、胸が痛い

劇団風の子の羽生田正明さん「日々子どもたちの前で公演しているが、この法案が通ると、それも無駄になる気持ちだ。安倍政権の即時退陣を求めたい

今回は「非常に危機感が強い」と50年ぶりの記者会見を開いたという。

【ネタ元 東京新聞 2015年6月16日 朝刊

Sponsor Link

今回の集団的自衛権の行使容認に関わる安保法案を通そうとしていることに、各界から疑問や反対の声が上がっている。しかし、こういう話というのはいまテレビなどではタブーとされているのかほとんど報道されなくなってしまっている。

いつからだろうか。テレビが原発の反対運動や今回の安保法案の反対声明など各地で起こっている市井の声を取り上げなくなったのは。

アンテナを張っていない人は安倍政権がいま何をしようとしているのかすらわかっていない。イスラム国に後藤さんたちが拘束されていることを知りながら、安倍首相が現地に外遊し、声明を発表し、イスラム国を刺激したことが発端で2人の日本人の命が失われたこと、そのことを報道した「報道ステーション」に対し、官邸が外務省からテレビ朝日に申し入れをさせて、外務省のHPに批判をのせたこと。”I’m Not ABE”といって政権に物申す人は番組を降板させられた。NHKの報道番組でも安倍政権に批判的な街頭の声をピックアップしただけで閣下の怒りをかった。

結局報道は片寄り、テレビだけ見ている人は安倍総理が問題だという意識すらない。

こんなニュースもあった。

 

 

6月16日、都内で開かれた国立大学長会議で、下村博文文部科学相は国立大学長に対し、入学式や卒業式で国旗掲揚と国歌斉唱を実施するよう要請した。「国旗と国歌の取り扱いについて、適切にご判断いただきたい」と述べた。法的な根拠がない中での要請は異例だという。

【ネタ元 共同通信2015/06/16 18:15 】

 

 

 

日本はまた戦争ができる国になろうとしているのか。国が日々右傾化しているのを肌で感じる今日この頃。

憲法9条の戦争放棄という最後の砦だけはくずされてはいけないと思う。

ネット署名は以下より

「戦争法案」の審議入りに抗議し、廃案を強く要請します。
URL⇒  https://www.change.org/p/red-card-to-anpo-hoan

 

 

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ