戦争法案の「安保法案」敵前逃亡は許さないという規定まで?

6月18日午前の衆院予算委員会で、現在審議中の「安保法案」に防衛出動命令を受けた自衛隊員の「国外犯処罰規定」を盛り込んだことについて、武力行使を目的に外国に部隊を送る海外派兵を想定した規定でないと安倍首相は強調した。

集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案には、防衛出動命令に基づいて国外で任務を行う自衛官が、上官に反抗したり、従わなかったりした場合、国内法で処罰できる規定を新設している

民主党の玉木雄一郎氏は「敵前逃亡」を処罰する規定だと指摘、外国で集団的自衛権を行使することが「原則としてあり得る前提の規定ではないか」とただした。

これに対し、安倍首相は、憲法解釈上、海外派兵は一般に許されず、現段階で例外として念頭にあるのは中東・ホルムズ海峡の戦時の機雷掃海だけだと重ねて説明。その上で、掃海艇が現地に向かう途中、補給目的で外国に寄港するケースを挙げ「隊員が上陸した際、(上官への反抗・不服従が)起こり得る」と述べた。

【ネタ元 東京新聞 2015年6月18日 夕刊

Sponsor Link

えーこんな規定まで盛り込んでいたとは知らなかった。完全に海外で武器を使用して外国への援護射撃をするつもりの法律ではないか。まさに「敵前逃亡」は許さないという有事になったらのことを考えての規定じゃない?

機雷掃海をイメージしているなんてまったくの詭弁だ。

外国が戦争をする時、日本は後方支援として武器の使用もできるようにして、自衛隊には発砲まで許そうとしているのが今回の法案。

日本は後方で支援するのみとしながら、武器の使用を認めるとなれば、明らかに戦争に巻き込まれるに違いないことは、子どもにだってわかる。

戦地で、「日本人は後方支援だから」撃たれないなんてことはあり得ないから。しかも武装していればなおのこと。

万が一、外国で戦争に巻き込まれたとしても、上官の命令に従わず帰国すれば、国内で罪を問うことができるという規定をわざわざ盛り込んだということが恐ろしい。

なんだろう、日本が変わろうとしている。それも国民の声を無視して。

このままで本当にいいのか。

 

 

 

6月18日午後、瀬戸内寂聴さんは国会前で開かれた安全保障関連法案に反対する市民団体主催の集会に参加し、「良い戦争はない。戦争はすべて人殺しです。二度と起こしてはならない」と訴えた。

「去年は寝たきりだったが、(法案が提出された)最近の状態は寝ていられないほど心が痛む。どうせ死ぬなら、このままじゃ駄目と言って死にたい」

【ネタ元 信濃毎日新聞 6月18日(木)21:20】

 

ネット署名 「戦争法案」の審議入りに抗議し、廃案を強く要請します。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ