福島県 甲状腺に異常がある900人位の子どもたちに医療費を全額負担

6月23日、福島県は、福島県の全ての子供に対する甲状腺検査(事故当時18歳以下)で治療や経過観察が必要とされた人について医療費の自己負担分を全額支援することを発表した。

7月上旬から申請を受けつけ、これまでに負担した医療費を証明できる書類のほか、甲状腺がんの診療データの提出も求めるという。

対象は、甲状腺にしこりなどが見つかりがんの疑いがあるとされた人や甲状腺がんと確定した人で、福島県では今年3月末時点の調査から900人程度と見込んでいる。

【ネタ元 共同通信 2015/06/23 17:59 】

Sponsor Link

えっ、さらっと900人程度と見込んでいるって書いてあるけど……2011年3月から2015年の3月までで900人くらいの子どもたちが甲状腺に何等かの異常がある?!というのはやはりおかしいではないか。

 

 

甲状腺の検査を行うものの、がんになった子どもに対して、いつも「原発事故の影響とは考えられない」という結論を出す検査後の発表は、何なんだろうと思ってたけど、医療費を支払うということは病気の原因はそこにあると認めたということだろう。

さらに、甲状腺がんの病気の経過についてデータ収集を始めたということは原発事故による放射線の影響で甲状腺に異常が認められる子が非常に増えてきたと実際は感じているからだと思う。

 

 

子どもの甲状腺がんは一般的に100万人に1人から3人と言われる。
(参照 チェルノブイリの原発事故と小児の甲状腺がん

900人すべてががんではないと思うが、事故後4年で甲状腺に異常がみられた子どもが900人位というのは多すぎではないだろうか?

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ