安倍政権の驕り「マスコミをこらしめる」百田尚樹氏の暴言に思う

6月26日、25日に自民党本部で行われた勉強会で、安保法案について国民の理解がすすまない現状をうけて、「マスコミを懲らしめる」と自民党若手議員から報道規制を求める意見が相次いだという事実が波紋を広げた。この件で安倍総理は国会で釈明に追われる形となった。

6月25日に自民党本部で開かれた会合には、安倍総理と親しい作家の百田尚樹氏を講師とし、総理に近い中堅、若手議員37人が出席したという。

マスコミを懲らしめるには広告料収入がなくなるのが一番」(自民党議員)
不買運動を経団連などに働きかけてもらいたい」(自民党議員)
テレビの提供スポンサーにならないということが一番こたえる」(自民党議員)

安保法案について国民の理解が進まない不満の矛先をマスコミに向けた意見が相次ぎ、「報道規制をすべき」という意見が自民党議員から続出したという。

さらに、講師の百田尚樹氏が自民党若手議員の質問に答えた発言も問題になった。

沖縄のメディアは左翼勢力に乗っ取られている。なんとか知恵をいただきたい」(自民党出席議員)

沖縄の2つの新聞社は、つぶさないといけない」(百田尚樹氏)
あってはいけないことだが、沖縄のどこかの島が中国に取られれば目を覚ますはずだ」(百田尚樹氏)

 

この勉強会での自民党議員の発言について安倍首相は国会で、

報道の自由というのは民主主義の根幹である。当然尊重されなくてはならないというのが安倍政権の立場であり、そして自民党の立場でもあるわけです。自民党は誤解されることがないように、しっかりと襟を正しながら、報道の自由は守りながら、しかし主張すべきことはしっかり主張していく

と述べた。

【ネタ元 TBS系JNN6月26日(金)18時59分配信 】

Sponsor Link

安倍首相は絶対に謝らない。のらりくらりと本質をはぐらかしながらあたりまえのような回答をするいつものやり方。

辻本議員の言う通りだ。党首であり総理なら、自分の党の議員の失言について、もっと責任を持って欲しい。せめて感情を持って発言してほしい。

国会をいままでで最長に延ばしてでも安倍政権が成立させたい安保法案の審議中に起こった出来事。

だから安倍首相はそんなことで足元をすくわれたくない思いで、「報道の自由というのは民主主義の根幹である。当然尊重されなくてはならないというのが安倍政権の立場である」などと口先だけのことを言って謝りもしないのだ。

だって安倍政権になってから言論統制のようなマスコミへの圧力があることは明白な事実なのだから。若手議員はボスを見習ったまででしょ。党の体質が根元からこうなわけで。

マスコミ各社もこれには怒れ。飼いならして、今度はエサを与えないようにしようという暴言に怒れ。

これでマスコミ各社が怒らなければもうすでに骨抜きということだろう。

多数決だけで国民の未来にかかわる重要な法案が通ろうとしているいま、マスコミが怒って欲しいと切に思う。

安倍政権の暴挙にはもう絶望的な気持ちになっているからこそ、いまマスコミが骨のあるところを見せてほしいと思う。

 

 

百田直樹氏については問題外。この人は右翼的な人だったんだね。

「永遠の0」ってなんていい映画と思って観たけど、あれは戦争賛美に近い捉え方だったんだといま思う。かっこいいゼロ戦で戦った男の映画であり、戦争の恐ろしさや残虐性はあまり感じられなかったのはそのせいだったんだ。

「中国に沖縄の島がとられればいい(攻められればいい)」なんて本当に言ったとしたらどういう人なんだろう。この人と安倍首相が仲がいいというのも恐ろしい。

 

戦争ごっこの大好きな人達にこの国を引っ張っていってもらいたくない。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ