恵比寿駅近くのマンション12階からあやまって女児転落死亡

7月22日午後8時25分頃、恵比寿駅近く(東京都渋谷区東3丁目)のマンションの前に3歳から4歳くらいの女の子が倒れているという通報があり、搬送先の病院で死亡が確認された。警察では、女児が12階の自宅のベランダから過って転落したものとみている。

渋谷署によると、女児はマンションの12階で母親と2人暮らしだった。転落の直前、母子はマンション1階にあるコンビニエンスストアに買い物に出かけたが、女児が騒いだため2人でいったん自宅に戻り、母親が女児を室内に残して再びコンビニを訪れていたという。

【ネタ元 朝日新聞デジタル7月23日(木)1時43分配信 】

Sponsor Link

きっとお母さんの姿を上から見ようとして過って落ちてしまったんだろう。悲しい事故。経緯はわからないが、騒いでいてもそのまま女児を連れていれば事故は起こらなかったと思うと母親にとっては悔やんでも悔やみきれないのではないか。

 

 

生まれたときから高層マンションで育っている子どもは、目線が最初から高いところにあるため、高さに対する恐怖感がないという。子どもは小さいときから公園などで遊びながら、例えば木や空の高さを自分の目線で測って「高い」と感じることを経験し、高さの感覚を身に着けていくというのだが、生まれてからいつも見る景色が木などよりもっと高いビルや空などだと、高さの感覚が育ちにくいそうだ。いつも見える空が近いから空はそれほど高いと感じられないというか。だからそういうことも転落の原因にあるという。

 

 

子どもを一人にしないことが肝心だけど、高さの感覚を育てるためには小さい頃に公園でよく遊ばせることも大事みたい。

 

*****************************************************************************************************

7月24日追記…

12階のマンションのベランダから転落したのは中国籍の4歳児だったことが判明し、母子は7月21日から観光目的で日本を訪れていたという。

ディズニーランドのチケットを買いにコンビニに降りたらしい。マンションに住んでいたわけではないことがわかった。

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ