スマホの使用で子ども巻き込まれる被害事例を知っておきたい

朝日新聞にスマホについての記事があり、親の知らない間に借金を作っていて生活がおかしくなってしまった17歳の女子高校生の話が載っていた。衝撃の内容だったので要約すると、

 

******

歌舞伎町にある駆け込み寺のようなところへ30代くらいの男性が女の子を連れてきた。ホテルで関係を持ったあと、年齢を聞くと、17歳だったという。

見かけはギャル系でもなく普通の女の子。東北出身だった。東京ディズニーランドに友人と遊びに行った帰りに歌舞伎町まで足を延ばしたらホストに声をかけられた。店に遊びに行ったことがきっかけでホストとメールのやり取りをするようになり、日常がつまらなかった彼女は旅行後もメールでいろいろなことを相談するようになった。

半年後ホストに会うために再び上京し、歌舞伎町へ。ホストクラブへ毎日通ううちに借金。お金はホストの友人から借り、気付いたら300万円になっていた。紹介されたキャバクラで働きはじめたが、親に心配をかけたらいけないと連絡だけはとるようにしていたため、親は気づいていなかった。

【ネタ元 朝日新聞デジタル2015年7月18日09時41分

Sponsor Link

スマホが危険だと言われているが、実際にどういうことが落とし穴になるのか親の私たちにもわからないというのが現状だ。子供たちが巻き込まれている被害の事例が下記のサイトに掲載されている。

スマホにひそむ危険

疑似体験アプリがダウンロードできるので実際に子どもと試してみるのがいいかもしれない。

それにしても被害事例として書かれていることだけでもそんなことが起こるんだ~とわからないことばかり。何が落とし穴になるか親も勉強しなければ対処もできない。

スマホを子ども(中学生)に与えないという親も私の周りにはいる。

夜寝るときにはスマホの充電をリビングでさせ、寝るときには自分の部屋に決してスマホを持ち込ませないというルールを作っている親もいた。子どもを守れるのは親しかいないから。

子どもが「親の知らない間になんでもできちゃう」スマホだからこそ、親も勉強して子どもと一緒に話し合い、スマホ使用のルール作りをする必要があると思う。

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ