大分発羽田行航空機内で子どものバッグからはさみ 離陸遅れる

8月1日午前8時35分発大分発羽田行の全日空792便で、子どものバックからはさみが見つかり、一度乗客を全員機外に出して手荷物の再検査をするトラブルがあった。このため、同機と同じ時刻に離陸予定だった日本航空662便の乗客にも再検査を行ったため共に1時間20分離陸が遅れたという。

【ネタ元 大分合同新聞8月1日夕刊 】

Sponsor Link

どうして機内ではさみがみつかったのかというと、子どもが荷物を座席上の棚に入れようとしたら、ポケットからはさみが落ちたらしい。そのはさみが刃渡り6cm以上だったため、保安検査に不備があったかもしれないということで再度搭乗者全員の手荷物検査を実施したというのだ。

こういう航空機の安全に対する姿勢はとてもありがたいけれど、もし自分の子どもが持ち込んだ荷物で全員を飛行機の外に出さざるを得ないことになってしまったら…と思うと冷や汗が出るようなトラブル

航空機に乗る前にチェックしておきたい手荷物について

全日空の規定する禁止手荷物について

日本航空の規定する手荷物について

 

はさみやかみそりなどの刃物(細規定あり)はもちろんのこと日常使うスプレー缶なども対象になっているものがあるのでチェックしておく必要がある。子どもにも教えておきたいと思った。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ