産科補償制度…脳性マヒ補償対象児童の支給条件枠拡大が決定

出産事故で子供が重い脳性マヒになった場合に補償金を支払う

産科医療補償制度について1月20日、「妊娠33週以上で出生体重2000グラム以上」

という条件を「32週以上で1400グラム以上」に拡大する方針を決めた。

2015年1月からこの条件での補償が始まる。

【ネタ元 毎日新聞1月20日(月)20時16分配信 】

Sponsor Link

この産科医療補償制度とは、重度(身障1級から2級程度)の脳性マヒの

ある子どもと家族を救済するために5年前に導入されたもので、

申請すると3000万円の補償金を受け取ることが

できる制度だ。この制度には申請の期限があり子供が5歳の誕生日を迎える前に

申請したものに限られる。

 

こういう制度があることを知らなかった。知らない人の方が多いと思う。

今5歳になっていない脳性マヒのお子さんがいる人は申請するべきだ。

 

しかし問題はこの制度に加盟してない医療機関が多いということ。

この制度に加盟していない医療機関での出産での脳性マヒは

補償の対象ではない。

どの医療機関がこの制度に加入しているかは下記で検索することが

できる。

産科補償制度に加入している分娩機関を調べる

 

 

 

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ