台風18号の影響で浜松市など至る所で冠水、今後の長雨に注意!

9月8日から9日にかけて日本列島に台風17号と18号の2つの台風が接近、その影響で東日本から西日本の広い範囲で大気が不安定になった。

静岡県浜松市中区では午前中の一時間の雨量が37,5ミリを観測、9月8日午後10時40分の時点で24時間の雨量は9月の最多を更新する239ミリに達した。浜松市内では河川の水位が上昇、危険水位に達したため、市内22万6000人に避難勧告がだされた。すでに、浸水被害があいついでいる。

関東から東海では、6日の降り始めからの雨の量がすでに300mmを超えて大雨となっているところがある。今後も長雨に注意が必要だ。

【ネタ元 JNN 9月9日(水)0時46分配信 】

Sponsor Link

どうしてこんなに9月に雨が降るんだろう。台風まできて、なんとなく天候が不順すぎておかしい気がするけど。

ああ今日は出勤がつらいわ。台風がきても会社はお休みにはならないからなあ。

名古屋市内の学校は大雨暴風警報が出ているため、午前中は休校確定のよう。(午前7時現在)

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ