少年Aという名前に隠れて自己顕示?親の関わりに問題ありか?

1997年に神戸の男児を殺害した事件の犯人、少年Aが本を書いたと思ったら今度はHPを開設したという。どれだけ自己顕示欲の強い男なんだろう。昨日は週刊誌が少年Aの顔写真と実名を報道したとして話題になっていたが、顔写真は少年時代のもので、さらに実名も改名前のものでがっかりだったという感想もあった。

実名報道はやりすぎという批判もあろうが、自身の犯した罪でまだ稼ごうとする輩にはそれなりに覚悟してもらわなきゃならないと私は思う。本も匿名でなんて、いまは32歳なんだから、通用しないでしょ。

世間が興味があるのはあなたの存在ではなく、なぜ14歳でそんな行為に至ってしまうような少年に育ったのかということ。生育過程に興味があるのだ。

モンスターを製造しないようにとして何に気を付けるべきか。こんな記事があったので紹介。

Sponsor Link

 

【岩田太郎】 加害を続け己の存在証明試みる「元少年A」~理不尽司法の限界1~

【岩田太郎】 親の愛情に飢えた殺人者を生まぬ為に必要な信頼~理不尽司法の限界2~

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ