与野党攻防、安保法案決議もめる 安倍政権は国民の声を聞け

9月17日、安全保障関連法案の参院平和安全法特別委員会での採決をめぐり、与野党の攻防が続いている。与党は16日夜に特別委員会で安倍首相が出席して締めくくり質疑を終結して採決する予定だったが野党が抵抗。特別委員会開会に先立つ理事会で参院議院運営委員会の中川雅治委員長(自民党)が17日の本会議日程を職権で決めて午前3時半過ぎに休憩に入った。民主、維新、共産など野党5党は成立阻止へ内閣不信任決議案の提出などを確認。与党は週内成立を目指し、17日に採決したい見通しだが、18日にずれ込む可能性もある。

【ネタ元 共同通信 2015/09/17 05:23 共同通信2015/09/16 23:56 】

Sponsor Link

9月16日、深夜にもかかわらず、国会前は抗議の人で溢れていた。雨が降る中、そのデモを伝えるどころか深夜の国会の与野党の攻防はあまりテレビで取り上げられなかった。

こんな重要な法案を勝手な形で通そうとしているのに、NHKはまた中継もしない。なんで?動きがあったら放送とか言わずにリアルタイムで何が起こっているか見せてほしいと思ったわ。災害のときのようにどういう状況なのかずーっと速報を流せばいいのに。

リアルタイムで状況を見たいときにテレビというものが活躍するはずなのに、どうでもいいドラマやバラエティばっかりでもっと骨のある番組ができないのものかと思ってしまう。

 

戦後70年という節目の年に、憲法学者や最高裁の元裁判官まで殆どが違憲だといっている法案を、法律を犯してまで通そうとする自民党と公明党の姿勢に恐ろしいものを感じて、怒っている国民はたくさんいる。野党ガンバレと思っているが、決議させないようには体力勝負しかないところが情けない。

どうしてこんなに国民の声を聞かずに法案を通そうとするのか。どうして廃案にできないのか。

アメリカと約束したからでは済まされないんだよ。昨日、イギリスで行われた武器の展示会に初めて日本がブースを設けて出展したというニュースも出ていた。安倍政権が武器の輸出規制を緩める法律を通して武器を輸出できるようになったからだという。自分の国が、勝手に戦争へ向かっていくような気がして恐ろしい。

安倍首相が、「国民の声を聞いてます」というのなら、この安保法案こそ廃案にしてほしい。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ