安保法成立で瀬戸内寂聴さんや新潟県弁護士会会長コメントに同意!

安保法が成立したことに対する寂聴さんの声があまりにもその通りなので京都新聞と共同通信の記事から声をピックアップして紹介。

◆安倍政権について

「特定秘密保護法みたいに、だんだんと政府が一般の人たちの行動に口を挟むようになってきた。自由にものが言いにくくなった女学校時代、太平洋戦争直前と同じ空気を感じる。このまま行けば、ものが言えなくなる時代が来る。だって、秘密保護法に違反したら捕まるんだもの。でもね、牢屋(ろうや)が女の人で満員になっても言うことは言わなきゃ」

「安倍(晋三)さんは、自分の名前を後世に残すことしか考えていない。反対の声は聞いていないのかな。防音装置で聞こえないようにしてるのかしら。」

「政治の最高の地位にありながら、民の心を聞こうとしていない」

「気付かぬうちにさっと通してしまった。ああいうことをするから油断がならない」

◆若い世代へ

「若い人が立ち上がり『これからが勝負だ』『次の選挙で勝負をつける』と言っている。まだ日本は大丈夫だ」

「この反対の声は無駄ではない。いずれ実を結ぶ。決して『負けた』と思わず、声を上げ続けて」

「ここで反対をやめたら、負けたことになる。でもきっと、彼らはあきらめないですよ、私が言わなくても。彼らがいる限り、光はある」

【ネタ元 京都新聞2015年09月20日 11時30分 共同通信2015/09/20 16:34

Sponsor Link

 

新潟県弁護士会会長が安保法成立で出した公式コメントもネットで話題となっていた。

http://www.niigata-bengo.or.jp/about/statement/attachment/00000168-20150919111601.pdf

 

 

憲法を無視して、国民の声を無視して成立させた法律。許されない行為だと思うけど選挙で大勝させてしまっていた私たちには打つ手がなかった。

いまのところ、山本太郎氏や小沢一郎氏しか応援する人もいない。どうしたらいい。自民、公明には入れないというだけでは次の選挙で勝てないよね。無党派層と呼ばれる人たちが応援できる数の力のある政党ができないものだろうか。

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

“安保法成立で瀬戸内寂聴さんや新潟県弁護士会会長コメントに同意!” への1件のフィードバック

  1. 世論 より:

    安保反対に参加した人のうち20代は2.9%、60歳代以上が過半数の53%。
    メディアは若い人がデモを仕切っているように伝えるが、これは全く間違った報道です。
    今の世論を形成しているのはこのような偏った報道が引っ張っていってるからではないでしょうか?

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ