NASAが記者会見で「火星にはいまも水が存在する」と発表した

9月28日、NASA(アメリカ航空宇宙局)は火星にいまも水が確実に存在しているということがわかったと発表した。火星探査機によって火星の地表を調べたところ、温度が上がると火星の特定の地域に現れて、温度が低くなると消える黒い「筋」がみつかった。これを詳しく分析したところ、黒い「筋」から水と塩類の化合物が観測され、研究チームは黒い「筋」は塩類を多く含んだ水が火星の地表を流れた跡である可能性が高いとしている。

アメリカは複数の探査機で火星の研究を進めていて、これまでの観測から、火星にはかつて大量の水が存在し、地表には川や湖があったとみられることが分かっている。惑星科学部門のトップを務めるジム・グリーン氏は、「非常に興奮する成果だ。生命が存在するためには水は極めて重要な要素だ。われわれはまだ地球以外に生命が存在するか答えを持っていないが、今回の成果で火星のどこを探査すればいいのか分かってきた。将来の探査で、果たして火星に生命が存在するのか、答えが見いだせるかもしれない」と述べた。
Sponsor Link
火星に場所と季節によっては現在もが流れているという。今後水のある部分を探査することで火星に生命体を発見できるかもしれないということだろう。
ネット上ではNASAが火星について記者会見するというので、「ついに地球外生物が見つかったのか」という憶測まで流れていたが…。
昨晩はスーパームーンといい宇宙を感じた日だった。午後6時過ぎ名古屋の東の空に見えた月の大きさはいままで見たことがないような大きさで、娘と「ちょっとこわいね」と言い合ったほど。一年で最も地球と月が接近した日だったという。
    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ