4歳の妹の首を絞めたと中3長男を逮捕と京都小学生殴打事件顛末

10月7日、広島県警福山東署は4歳の妹の首を絞めて殺そうとしたとして私立中学3年で15歳の長男を逮捕した。逮捕容疑は、9月30日午後9時過ぎ、自宅1階のリビングで保育園に通う4歳の妹の首を絞めて、首に全治2週間のすり傷などを負わせたというもの。

家族が119番通報し妹は病院に運ばれた。妹の首には圧迫された痕があり顔にはむくみができていたことから病院側が、「自分でできる傷ではないこと」を不審に思い警察へ通報した。事件後妹は入院していたが、10月6日に退院した。

【ネタ元 産経新聞 10月7日(水)20時48分配信  日テレNEWS242015年10月7日 20時32分 】

Sponsor Link

 

妹が退院したと思ったら兄が逮捕されるという事件、事件の詳細がわからないのでなんとも言えないけれど、ショッキングな事件。なぜそんなことになったのだろう。遊んでいてそうなったのか、けんかなのか本当に殺意があったのか。

顔がむくむほど首を圧迫しているというからやはり尋常ではないと判断されたのだろう。家族にとっては辛い事件だ。

最近、弱いものへの暴力で中学生が逮捕された事件に下記のようなものもあった。

 

京都市内で相次いで小学校低学年の男児が殴られる事件が発生していたが、警察は京都市西京区に住む中学3年生の女子生徒を逮捕した。

この女子生徒は中学一年の弟に言って、下校時の通りすがりの子どもを殴らせていた疑いだという。

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/151006/evt15100620380039-n1.html

 

親が子どものことをよく見ていない、関わりが希薄だからこんな事件が起こるのではないかと思うのだが。

親から愛されていることをはっきりと感じている」子どもは、弱い者に暴力をふるうことはないような気がする。

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ