名古屋市営地下鉄鶴舞線中1男子生徒転落死亡事故はいじめが原因?

11月1日午後4時頃、名古屋市営地下鉄鶴舞線の庄内通駅の構内で、名古屋市西区12歳、中学1年生の男子生徒がホームから線路へ転落し、電車にはねられて死亡した。この件について名古屋市教育委員会が11月2日午前に記者会見を開き、亡くなった生徒の部屋から遺書がみつかったことを明らかにした。

遺書には「学校や部活でいじめが多かった。部活ではよく『弱いな』と言われていた。もう耐えられない。だから自殺しました」などと書かれていた。

11月1日、男子生徒は、両親や祖母と一緒に昼食をとり、両親が外出したあとの午後3時ごろ祖母に「紙がないか」と言ってきたという。

「ドーナツを買ってくる」と言って部屋を出た様子をおかしく感じた祖母が机の引き出しの中から遺書のような紙を発見したため、父親に連絡、父親が男子生徒の携帯電話に連絡し、「大丈夫か」と確認したところ、「大丈夫大丈夫、冗談だ。」と答えていたが、午後4時頃地下鉄のホームから転落し死亡した。

名古屋市教育委員会は生徒が自殺したとみて、今後中学校での調査を行う予定。

【ネタ元 NHK ニュースWEB 11月2日 17時55分

Sponsor Link

 

「電車に飛び込む勇気があったら生きて」と思うけど、電車が構内に入って来るのを見るとふと吸い込まれそうになることはある。

特に気持ちが落ち込んでいた場合は…。吸い込まれてしまったのかな。

こんなことされたら親はどうしたらいいだろう。話が聞きたくても本人はいないし、後悔しても子どもは戻ってこない。悲しすぎる。

親にはしゃべりたくない年頃だというのもわかるんだけど何かいい方法はないものか。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ