パリ同時多発テロ場所は?フランス全土に非常事態宣言発令

フランスの首都パリで、11月13日22時頃(日本時間11月14日早朝)、パリ中心部のコンサートホールや北部のサッカー場などで爆発や銃撃による同時多発テロが発生し、死者はこれまでに129人にのぼり、350人以上がけがをした。

【ネタ元 朝日新聞デジタル2015年11月15日20時33分

 

フランスのオランド大統領は11月13日23時55分頃(現地時間)記者会見でフランス全土における緊急事態を宣言し,国境を閉鎖すると発表した。

【ネタ元 外務省海外安全情報】

11月14日、フランス検察当局は、実行犯7人が3班にわかれて、6か所の現場で分刻みにテロ行為をしたと発表。周到に準備された組織的犯行との見方を固めた。

【ネタ元 共同通信2015/11/15 21:25 

外務省の注意喚起情報によると

13日22時頃(現地時間),現地の報道によれば,パリ10区及び11区(1.ビシャ通りのレストラン「ル・プティ・カンボッジ」(rue Bichat),2.フォンテーヌ・オ・ロワ通りのカフェ(rue de la Fontaine au roi),3.ヴォルテール大通りの小劇場「バタクラン」(Bataclan, Boulevard Voltaire),4.シャロンヌ通り(rue de Charonne),5.レピュブリック通り(avenue de la Republique),6.ボーマルシャ通り(boulevard Baumarchais))及び7.パリ北部近郊の国立競技場(Stade de France)において,銃撃事件等が発生しました。

http://m.anzen.mofa.go.jp/mblatestspecificspotinfo.asp?id=170&infocode=2015C334

 

AFP通信による6か所の位置関係

http://www.afpbb.com/articles/-/3066617

 

11月14日、IS(Islamic State)が犯行声明をネット上に投稿した。

 

時系列的にニュースを見るならhttp://news.yahoo.co.jp/story/62

 

Sponsor Link

 

 

またパリが襲撃された。全く何も関係のない人たちを巻き込むテロは許されざる行為。ひどすぎる。あの美しいパリの街で銃撃や爆発なんて想像もつかないけれど、信じられないことが実際に起こってしまったという。

日本でも今後同様のことが起こらないとは言えない状態。他人事じゃない。

 

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ