2歳女児死亡、30ヶ所あざ日常的に虐待?東京都葛飾区父親逮捕

1月30日午前2時半ごろ、東京都葛飾区東新小岩八の無職の男性(33)から

「子どもが苦しがり、息をしていない」と119番通報があった。警察や消防が

男性が住むアパートを訪れ、次女の坂本愛羅(あいら)ちゃん(2つ)を病院に

搬送したが間もなく死亡が確認された。

Sponsor Link

愛羅ちゃんの上半身には約三十ヶ所のあざなどがあり、両親は、2、3日前に滑り台から

落ちたと言っているが、警視庁葛飾署は日常的に虐待を受けていた可能性があるとみている。

その後、1月30日、父親坂本雄容疑者を逮捕した。逮捕容疑は昨年12月下旬、

東京都大田区内で、寝ていた愛羅ちゃんの顔付近を平手で殴った疑い。

 

近所の人は1月25日の夜、怒号と子供の泣き叫ぶ声を聞いており、「虐待ではないか。」

と通報したこともあった。坂本容疑者は愛羅ちゃんと生後9か月の三男、妻の4人暮らしだが、

愛羅ちゃんと三男のほかに妻の子供が3人おり、現在祖父母宅に預けられている。

今月7日以前は愛羅ちゃんも他の子供たちと共に祖父母宅に居たという。

 

【ネタ元 毎日新聞 1月31日(金)0時38分配信】

 

なんで虐待?祖父母宅に居た方が幸せだったね。

2歳の子供に罪はない。自分で行動を選択することもできないのだから。

本当の父親と母親からそんなひどい目にあうなんて。言葉にならない。

いつも思うこと。

なぜこの子はこの親を選んで産まれてきたのだろう。

こんな辛い目にあう為に生まれてきたのではなかろうに。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ