伊勢志摩サミット警備関連費340億円、シリア沖にフランス空母到着

11月23日、政府関係筋によると、来年5月の伊勢志摩サミットに要する予算総額は約600億円にのぼり、そのうち警備関連費が340億円になる見通しだということがわかった。パリ同時多発テロを踏まえ、警備体制の充実に万全を期す考えだ。

【ネタ元 共同通信2015/11/24 02:00 】

 

Sponsor Link

 

http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112301001546.html

今朝フランスの空母がシリア沖に到着したという。英国と共に空爆によるISの壊滅作戦を行うというが、国対テログループという構図が最近の戦争のきっかけ。テログループに対してどのように制裁を行うのかというのは本当に難しいけれど、空爆が正解だとは絶対に思えない。

でも正解が何かもわからないのは皆同じかも。

何も心配しないでヨーロッパに旅行したり、日本で生活できるといういつもの暮らしを私たちは望んでいる。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ