生後3か月の赤ちゃんに覚せい剤を与え中毒死させた容疑で逮捕

12月6日、熊本県警は24歳の自称会社員の24歳の男を逮捕した。容疑は9月4日熊本市東区3のラブホテルで知人女性の生後3か月の長男に覚せい剤を投与して死亡させた疑いと覚せい剤取締法違反。男は知人の女性とその長男である赤ちゃんの3人で9月4日午前3時過ぎころホテルに入室し、午後0時半頃女性から「子どもが泡を吹いて固まっている」と110番通報があった。赤ちゃんは病院に搬送されたものの死亡が確認され、司法解剖の結果、死因は覚せい剤による中毒死だった。

女性は当日昼まで寝ており、気付いたら赤ちゃんに異変があったとしている。

先月男と女性は覚せい剤使用の執行猶予付き有罪判決を受けている。

【ネタ元 時事通信12月6日(日)15時25分配信

 

Sponsor Link

 

なにこのニュース、信じられないような内容で唖然とする。生後3か月の赤ちゃんに麻薬って?どういうことなんだろう。聞いたこともない。大人のカップル(?)の麻薬使用だけでも十分ショッキングなのに、赤ちゃんになぜ?

何の罪も穢れもない生後3か月の赤ちゃんによくそんなことできると思うわ。

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ