札幌市中2男子生徒ウイルス販売で追送検、VVVウイルスって?

12月8日、警視庁は、札幌市の中学2年で14歳の少年をコンピューターウイルス販売の疑いで追送検する方針を固めたことがわかった。LINEなどで知り合った中高生ら未成年の間でコンピューターウイルスの売買や悪用が広まっているとみて調査をしている。

ウイルスを購入した容疑では千葉県の男子高校生ら未成年の4人も書類送検する。

少年は海外の匿名掲示板に「不正送金ウイルスを格安で販売しています」などと書き込み、対価としてギフトカードを送らせていたという。

【ネタ元 共同通信2015年12月8日 02時10分

 

Sponsor Link

 

未成年の間でウイルスの売買が盛んになっているという話。14歳の少年の頭のよさには脱帽するけど、それほどの知識があるなら別のところで発揮できないかとはいつも思うこと。力を誇示したい想いがダースベーダーにさせたのかな。

 

上記の記事とは関係ないけれど、昨日はVVVウイルスなるものがツイッターで話題になっていた。このウイルスに感染すると、ほんの1分程度でPCの中の全てのファイルの拡張子を.VVVに替えられてしまうらしい。最後にファイルを元に戻したければお金を払えと身代金を要求してくる不正プログラムだという。

サイトの広告表示だけで感染すると書かれていたが、これについては現在調査中のようだ。

詳細な記事がこちらに出ている。(被害画像あり)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/mikamiyoh/20151206-00052167/

 

トレンドマイクロは「調査中だが、日本でVVVウイルスの被害が急増したという形跡は見当たらない」

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151207_734143.html

 

PCを使っていても、たいていは仕組みについてわかっていないのが現状。こういうランサムウエア対策のプロとして14歳の少年に逆の立場から働いてもらえないかと思う。

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ