【最高裁】夫婦別姓を禁じる民法規定は合憲であると判断

 

12月16日、最高裁大法廷は、夫婦が同じ姓を名乗ると定めている民法の規定は憲法違反ではないとする判断を示した。また、別の訴訟で、女性にだけ6ヶ月間再婚禁止期間を定めている民法の規定については違憲と判断し民法が改正されることとなる。

【ネタ元 共同通信 2015年12月16日 15時16分

 

Sponsor Link

 

夫婦別姓については私は反対の立場なので最高裁の判決についてなにも思わない。いまは結婚後も旧姓で働ける職場というのが増えており、仕事上は旧姓を使っているという女性も多いと思う。「それではだめなのか?」とこの裁判のことを聞いたときから思っていたためだ。

さらにもしみんなが姓を選べるようになって戸籍上も家族の名前が違うということになると、社会的にも混乱を極めると思うし。

この件について保守的な私は、合憲でよかったと思っている。

好きな人と一緒になってその人と一緒に生きるという決意」みたいなものが「改姓」であると考えれば「改姓」もまた素敵なものではないか。

 

 

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ