広島市立中学校で生徒の口元にカッターナイフを突きつけ指導

12月17日、広島市教育委員会は、南区の市立中学校で合唱の練習中に生徒の口元にカッターナイフを突きつけたというき24歳の教諭を1カ月の懲戒処分とした。教諭は依願退職した。

9月29日、合唱コンクールに向けて練習していた際、男子生徒8人の口元にカッターナイフを近づけ、「口を開けないと当たるけど、いいのか」と口を開けるよう指示したという。11月20日に保護者から学校に相談があり発覚。学校の調査で本件を認めた後、教諭は学校を休んでいた。この教諭は4月に臨時採用した教諭だった。

【ネタ元 共同通信 2015年12月17日 20時00分 中國新聞 2015/12/17

 

Sponsor Link

 

口元にカッターナイフはないでしょう。刃は出していなかったと教諭は説明しているというが、刃がたとえ出ていなかったとしてもナイフを人に向けるという行為はどんな時もダメでしょう。まして教室で?あり得ない。

この誰が聞いても「おかしい」と思う行為をやってしまう教師の感覚にズレを感じる。

先日も生徒に20発ビンタをした先生が告発されていたが、どんなに生徒の態度が悪かったにしても20回は多すぎでしょ。

いまは昔とちがって、生徒に手を出すと訴えられる時代になっているから、態度に問題のある生徒を指導するのは大変なことだとは思う。私はそれも気の毒だとは思っている。

先生を激昂させるほど態度が悪い子どもに「キレるな、手を上げるな」というのも過酷だと思うけれど、世間的にも常識から外れるようなことは「先生」なんだからやってほしくない。

この件でも場所が学校でなくたって問題になるようなことなのだから、それをやってのけた「先生」は常識はずれというしかない。

 

 

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ