赤ちゃんをトイレで流そうとして無理だったので塀から外へ放り出す

1月20日朝起きたら真っ白になっていた。昨日から空気感がスキー場みたいだと感じるほどの冷え込みだったからね。名古屋市内も真っ白。今日は早く出なくては…

ニュースも寒い…お母さんにこんなことをされた赤ちゃんはどういう気持ちで生きていくのだろう。

****************************************************************

 

茨城県鉾田市で2015年11月3日午前7時25分頃小雨のふる冷たい朝に生後まもない女児が全裸で泣いているのを近隣の男性が発見、通報した。7時47分に駆け付けた救急隊員が体温を測定したところ24度の極度の低体温状態だった。保育器でなんとか温めてもちなおしたものの、生後間もなく低体温状態であった赤ちゃんへの後遺症はわからないという。

赤ちゃんを産んだ女は24歳で女児が置かれていた場所のすぐ近くに住んでいた。妊娠を家族に秘密にしており、1階のトイレで出産した後、赤ちゃんをトイレで流そうとしてレバーをひいたという。しかしトイレで流れなかったため、足を持って便器から拾い上げてトイレの高窓から外に落とし、今度は外に出て、自宅高さ1.5メートルの塀から道路側へ女児を投げ捨てた。雨の降る中、赤ちゃんは発見されるまで約1時間の間泣いていた。

【ネタ元 産経新聞最終更新:1月19日(火)20時33分

Sponsor Link

1月22日、判決が出るという。

赤ちゃんが育っていく過程でこの話を聞いたらどう思うのだろう。生まれてくる命ってなんだろう。

この話はひどいと思う。聞いた人全員がひどい話だと思うと思う。赤ちゃんが可哀想だと言うと思う。

生まれてきた赤ちゃんだから酷い話になって、おなかの中にいる間に同じことをする中絶なら酷くないのだろうかとか、いろいろ考えさせられた。

 

 

    

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ