妊娠出産時にヨーグルト摂取で子どもの発達障害を防ぐ可能性?

1月20日、福井大学子どものこころの発達研究センターは、腸内細菌の少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があると発表した。もちろん、発達傷害の原因は様々で、母親の腸内細菌の減少はリスクの一つ。妊娠出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性があると説明した。

赤ちゃんは、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入り、腸内細菌を得るという。脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明であるため、今後も研究を続けるという。

【ネタ元 福井新聞 2016年1月21日午前7時10分】

Sponsor Link

出産時に母親の腸内環境が赤ちゃんに影響するとは知らなかった。腸内環境のいい赤ちゃんは発達障害になりにくいようなので、赤ちゃんの腸内環境を正常にするためには母体の腸内環境を整えなければならないということらしい。

ママがストレスを抱えることなく、ゆったりとした出産を迎えられればそれにこしたことはないということなんだろうけれど…。

出産時に赤ちゃんによい腸内細菌を与えるために、ママは、ヨーグルトなどを食べて腸内を整えてから出産を迎えることが大事かも。

 

 

    

コメントを残す

提供リンクお得情報

薬事承認取得の医療脱毛、施術者も医療免許取得者のレジーナクリニック無料カウンセリング
妊娠前・妊活、妊娠中は安心第一、天然素材100%の無添加葉酸がおススメ
調乳って手間!ママが時短できて安心な赤ちゃん専用ウォーターサーバーがあれば
我が子が小さいとお悩みの親御さんへお子様の成長をサポートするサプリモニター募集中

サブコンテンツ

このページの先頭へ