東京都北区託児所で保育士が6歳男児を日常的に虐待で逮捕

東京都北区の託児所で、保育士が男児に暴行を日常的に加えていたとして逮捕された。6歳の男の子の両手を後ろでにしばり、口や目に粘着テープを貼っていきなりはがす、食べ物にコショウやカラシを入れたり裸で立たせる、水を張った洗面台に顔をつけさせるなどの行為があったものとみられている。

【ネタ元 TBSニュース1月28日(木)5時13分

 

1月27日未明、東京大田区のマンションで3歳の男の子が心肺停止の状態で発見され、搬送先の病院で死亡した。警察は、男の子に暴行を加えケガをさせたとして男の子の母親の交際相手の暴力団員を逮捕した。男は「俺にガンをつけた」と1時間半にわたって3歳児に殴る蹴るの暴行を加えたという。

【ネタ元 日テレニュース242016年1月27日 16:59

Sponsor Link

 

子どもが虐待される事件というのが後を絶たない。朝からこんなニュースばっかりだ。

いまは家人による虐待がほとんどだと思っていたが、託児所で保育士が虐待するなんて…。そんな託児所でも子どもを預けなければならない状況ってなんなんだろう。

虐待、貧困、いじめ…本当にいまの時代、子どもにとっては受難の時代のように感じる。

殆どのお母さんが家に居た時代の方がなんとなくこの殺伐とした空気がなかったような気がするのは私だけ?

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ