神奈川県山北町コンビニ強盗は高校2年生16歳、店長一喝で未遂。

2月2日午前3時45分ごろ、神奈川県山北町山北のコンビニエンスストア

「サンクス山北246号店」に押し入り、男性店長(63)に包丁(刃渡り約15センチ)を

突き付けて「金を出せ」と脅し、現金を奪おうとしたとして、16歳高校生を

Sponsor Link

強盗未遂容疑で逮捕した。

逮捕されたのは足柄上郡在住、高校2年生の男子生徒(16)。

押し入ったものの、店長がテープカッターを持ち上げて「バカヤロー」と一喝すると

驚いて逃げたという。1時間後に山林の中に逃げ込んでいた男子生徒を発見、逮捕した。

【ネタ元 カナロコ 2014年2月2日】

 

お金が欲しかったと話しているということだが、お金が欲しい=コンビニで強盗

とはならないのが普通。それが16歳の高校生だということがショック。

借金しているわけでもあるまいし、切羽詰ってというのとは違うだろう。

テレビや動画やゲームでそんなシーンをいっぱい見過ぎているからなのか。

 

考えてみれば、私たちは犯罪シーンをドラマや動画やゲームで繰り返し見せられており、

「コンビニ強盗」と聞けばイメージがわくこと自体おかしいのに、

なぜか知っているような気がする。こんな犯罪に対する既視感的な感じが

簡単に強盗なんてことをやってのける下地になっているのかも。

何もかも情報過多な時代だ。

 

 

    
data-matched-content-rows-num="4,2" data-matched-content-columns-num="1,2"

コメントを残す

お買い得情報




サブコンテンツ

このページの先頭へ